2020年01月

「腰痛」という病の“不思議”なところ・・・

腰痛という病の“不思議”なところ・・・

 

施術後、すこしでも腰の痛みが軽くなったという“事実”を感じたら、「良かった」と素直に喜んでください。そのほうが治りが早いです。また、良くなったことを不思議に思ったり、どこかに痛みが残っているはずだ!と思って痛みを探さないでください。探すと、痛みが見つかってぶり返します。

 

良くなっても、しばらくは腰に負担をかけるような動作はしないことが大切です。痛くないことを身体が受け入れるための時間を与えることでぶり返しを避け、治りが早くなります。

 

施術しても施術しても、毎回毎回ぶり返して、腰の痛みが一向に良くならないのは、医者や施術者や医療が悪いからだと思わないでください。

(1)    あなたが施術者を信じないと治りません。

(2)    自分が施術者を信じられるようになったら治るのです。

(3)    信じられる施術者がいるところで治るのです。

 

どんなに有名な先生でも、あなたが、その先生を信じられるかどうかです。あなたが信じられないところに、どれだけ行っても治りません。

身体が冷え切った状態では、「自然治癒力」が働かない!

身体が冷え切った状態では、「自然治癒力」が働かないです。

 

★体温が、35℃台では、自然治癒力があまり機能しません。さらにウィルス

は低い温度で活発化します。体温が低いと人よりもノロウィルスやイン

フルエンザウィルスにかかりやすくなります。ぜひ36.5℃以上に保つよ

うにしましょう。

★鼻やのどから最初にウィルスにかかってしまうのは、鼻とのどが外気温

にさらされて、そこだけ体温が低くなっているからです。鼻やのどを冷やさないよ

うにしましょう。

★なお、癌ウィルス(細胞)も35℃位の低い体温で活動が一番活発になります。