まこと整体院ブログ

ホグレルマシンの「効果」は?筋肉と神経のバランスが調整、猫背も矯正、「肩こり・腰痛」になりにくい

まこと整体院タイムズ2019.9月号第12号

まこと整体院のホグレルマシンによるストレッチの「効果」は?

・肩こり・腰痛の方へ

猫背などの悪い姿勢が長時間続くと、筋肉は緊張し、カラダは硬くなり、血行不良が起こります。さらに血行不良が続くと「肩こり・腰痛」が起こりやすい体質になってしまうのです。
個人差はありますが、ほとんどの方はホグレルで15分から30分のストレッチを行うと、カラダの柔軟性が変わります。一般の筋力トレーニングのように歯を食いしばるような運動方法ではないので、汗はほとんどかかないのです。普段着のままで運動できます。したがって、シニアにも安心なカラダに優しい運動と言えます。
ホグレルのストレッチを実施すると、血行が良くなります。そして、筋肉と神経のバランスが調整されて猫背も矯正され、「肩こり・腰痛」になりにくいカラダになります。また、カラダの動きがスムーズになるので、疲れづらくなり、体力がついて病気になりにくくなるなど、様々な効果が期待できます。

・アスリートの方へ

ホグレルは、野球やランニング、ゴルフなど、多くのプロスポーツ選手にご愛用していただいています。

また、同類のマシンはイチロー選手が使っていることで有名です。
現代のスポーツにおいて、インナーマッスルのトレーニングが重要視されていることは言うまでもありません。前後左右にバランスのとれた筋肉を身につけることにより、あらゆる状況を打破できるようになります。

【伸長反射】による瞬発力(バネ)の造成。

【相反抑制】によるスムーズな筋肉の動きができる。
一つ一つの動きの質を上げることがライバルの一歩先をいく秘訣です。少しでも自身のカラダの反応や動きを変えることにより、競技力を向上させたい方にご利用・活用していただけたらと思います。

・ゴルファーの方へ

ホグレルは新感覚のフィットネスで、あらゆるゴルファーをサポートします。バランスのいいカラダをつくり、ゴルフのスコアアップを目指せます。
肩甲骨まわりが硬いとバックスイングで無理にカラダを回そうとし、上半身がリキみます。また、股関節が硬いと体重移動が上手くいかず、ボールにパワーが伝わらずに失速し飛距離が落ちてしまいます。柔軟な筋肉を身につけ、肩甲骨や股関節の可動範囲を広げます。更に、骨盤が正しく動き体幹のパワーが発揮されれば、ドライバーの飛距離が飛躍的に伸びます。スイングの安定性も出るのでパッティングも飛躍的に上達します。
また、ゴルフによって肩や腰を痛めてしまった方も、整体施術+ストレッチで回復できます。ゴルフにおける正しいカラダの使い方も身に付きますので、今までにないような楽なラウンドをすることが出来ます。
もしゴルフにおいてお悩みがありましたら、何でも相談してください!

熟年世代の方へ

ホグレルの特長は、一般のトレーニングのように筋肉パワーをつけることが目的ではなく、柔軟性を上げることを目的としています。
また、リラックスしたままカラダを動かすので、筋肉や神経に負担をかけることも少なく、高齢の方でも安心してご使用いただけます。ケガなどに対する従来の治療方法は『固定して負担がかからないようにして、治るのを待つ』というのが基本でしたが、動かさないでいると本来の機能に戻らなくなることがあります。
また、筋トレマシンなどでのリハビリ方法は、筋肉を過度に緊張した状態で動かすので、関節に負担がかかり血圧が上がってしまい、逆効果となることさえあります。
ホグレルではそういった心配を一切することなく、気持ち良くトレーニングをすることが出来ます。70歳代、80歳代の方でも安心して実践できる筋肉トレーニングです。

・オフィスワーカーの方へ

ホグレルは背骨・腰・肩の柔軟性を上げることの出来るトレーニングです。柔軟性を上げることによりネコ背などの不良姿勢や疲れやすい体質、むくみやすいカラダなどを改善を図ることが出来ます。また、仕事からくる肩こりや腰痛といった慢性的なカラダの不快感を根本から解決します。

その結果、血行が良くなり、基礎代謝も上がります。基礎代謝が上がるということはダイエットすることにつながるので、運動不足でメタボリック症候群にお悩みの方にも最適です。力を使わないトレーニングなので汗をかくことも少なく、普段着のままで運動できます。普段全く運動をされない方にもできる、オススメの運動です。

料金改定のご案内

料金改定のご案内

8月以降変わるもの

 

温熱療法   1回(30分)2,000円⇨2,500円

超高濃度水素水サーバー会員

・月額500円⇨1,000円

 

10月以降変わるもの

ホグレルジム月額会員会費    4,000円⇨7,000円

ホグレルジムビジター会員

・一回利用料金        1,000円⇨2,000円

・ホグレルジム会員初回登録料  1,200円⇨3,000円

 

まこと整体院<ホグレルジム藤沢> 院長 眞杉幸市

どんなにつらい慢性腰痛でも、ぎっくり腰でも、2時間後には笑顔になれる

まこと整体院タイムズ2019.7月号(第10号)
以下に述べる、腰痛の四段階は、段階が早ければ早いほど改善スピードは速いです。

第一段階:誰もが感じる腰の違和感腰の回りの筋肉の持続的酷使により、だんだん筋肉が固くなっていく。
まだ痛みを感じることは少ないが、腰回りが固くなっている感じがある。
例えば、
・自宅でのソファーでの座る姿勢が長い
・自宅で身体をねじった姿勢での長時間のテレビ視聴
・仕事での、PC作業などで前かがみの座り姿勢が長い
・喫茶店・カフェなどでの談話で、低い椅子での前かがみの姿勢が長い
この段階で、適当なストレッチや、運動などを行うと、筋肉の痛みや固さは回復することが多いです。

第二段階:最初のぎっくり腰の発生腰回りの筋肉の固い状態が長期間続いた結果、筋肉の中にある血管やリンパ管の流れが滞り、神経なども機能しなくなってきた状態。
この状態になると、筋肉の中に痛み物質が作られそれが排出されずにたまっていく。
ある時、何かの拍子(靴を履こうとしたとか、地面にある荷物を持とうとしたなどの場合)に腰の筋肉の痛みが突然発生する。
これがいわゆるぎっくり腰です。ぎっくり腰の程度は、人さまざまです。
まったく動けなくなってしまう方から、しばらく安静にしていると回復する方までおられます。
このようなぎっくり腰の時に、固くなっている筋肉を柔らかくするために“正しく治療”すると慢性腰痛化することを防ぐことができます。

第三段階:腰痛が慢性化へ進むある程度ひどいぎっくり腰の場合、痛みが少し引くまでの数日間はとっても痛い経験をします。
そして、歩けるようになったら自力で整形外科へ行きます。
レントゲンやCT またはMRIなどを撮ります。そしてヘルニアや狭窄症、すべり症などが見つかることがあります。
医者からは「ヘルニアがありますね」などと言われ、「もっと悪くなると手術しなければいけなくなるかもしれません」などとも言われます。
会社を突然休む羽目になったうえに、腰にはヘルニアという爆弾を抱えてしまった!と思います。
極端な方は、これからの人生がとても悲観的なものに思えてきます。
腰痛持ちのために好きな運動もできなくなってしまうかもしれないと思います。
それゆえにもう二度と腰痛を起こさないようにしなければいけないと思ってしまいます。腰痛への恐怖と腰への敏感度が徐々にアップしていきます。

第四段階:ストレスによって腰痛の“記憶”が再現される、完全なる慢性腰痛状態二回以上のぎっくり腰を起こした方などは、腰痛が少し改善しても毎日生活しながら、二度と腰痛になってはいけないと注意するようになり、再度起こるかもしれない腰痛への恐怖が高まっていきます。
腰の敏感度も高まっているので、普通に生活しているだけで腰の違和感を大なり小なり“毎日”感じるようになります。
この状態が続くことが、慢性腰痛の状態ということです。慢性腰痛になると、腰が痛い状態を身体の“常(つね)の状態”として脳が記憶していきます。
つまり、腰に違和感(痛み)があることが“普通の状態”であるとして脳が思ってしまうのです。
それが、健康な状態なのか不健康な状態なのかの区分けは、脳はしないのです。
だから、もし、腰の筋肉の状態が改善しても、腰に痛みの原因がなくなっても、ストレスなどが加わると脳が昔の痛みを脳内で発生させることがあるのです。
脳は、そのとき身体を”常の状態“へ戻そうとするのです。”常の状態“とは「腰に痛みを感じている状態」であるということです。
つまり、「幻肢痛(切断してしまった腕や下肢が痛むという現象。”鏡療法“という治療方法がある。)」と同じ状況になっているということです。
この場合の痛みは、脳内だけで感じているので時によっては、とても耐え難いほどの痛みとして感じる場合があるものです。
この状態になると、どの病院へ行っても、どこの治療院や整体院に行ってもなかなか治せません。
なぜなら、身体(腰)には痛みを出す原因がないのですから。

結論:【新リンパ整体の施術】と【ホグレル・ストレッチジム】を併設した、まこと整体院<ホグレルジム藤沢>では、この第四段階の状態の慢性腰痛でも、もちろん1~3のどの段階でも改善することができますので、ご安心ください。

【腰痛2800万人時代】腰痛の常識が変わる(その2)

まこと整体院タイムズ2019.6月号(第9号)

身体の痛みについてまたまた一言申し上げます。

椎間板がうすくなったり、ヘルニアになったりすると腰が痛くなるというのが常識ですが、それは間違いです。実は、椎間板には痛みを感じる神経がないので、つぶれてもヘルニアになっても痛くないのです。それと同様に、脊髄や坐骨神経は痛みを通すが、それ自体に痛みを感じる神経がないのでヘルニアや狭窄症になって、圧迫されても痛くはならないのです。また、膝の軟骨がすり減ったりすると膝が痛くなると考えますが、これも間違いです。なぜなら、軟骨には痛みを感じる神経がないからです。身体に生えている毛髪やつめなどは生きていますが、切っても痛くないのと同じです。肝臓などは、沈黙の臓器と言われるように、内臓も痛みを感じないです。これらは、お医者さんはよく知っていることです。

【腰痛2800万人時代】腰痛の常識が変わる(その1)

まこと整体院タイムズ2019.5月号(第8号)

◆腰痛はなぜ起きるのか?の常識が変わる

 骨盤のずれや背骨の曲がりは腰痛の原因ではない。筋肉が固くなって骨を引っ張った結果として、ずれたり曲がったりするのです

◆坐骨神経痛に関しての常識が変わる

 坐骨神経痛とは、坐骨神経に沿ったあたりの筋肉が痛むこと(坐骨神経は痛まない。なぜなら、坐骨神経には痛みを感じる神経がないから)

◆身体の痛みについて一言申し上げます。身体の痛み、つまり腰痛や膝痛、足痛、肩痛などの痛みはすべて“頭”で感じているのです。人間の身体の素晴らしいところは、痛みの感じ方を自らコントロールできるということです。プラシーボ効果というのがあり、信頼できるお医者さんから痛み止めの薬を処方され、それを飲んだらすぐ痛みがなくなったり。腰痛の原因ではないのにヘルニアの手術をしたら腰痛がなくなった、など。また、プラス思考で痛みを忘れることができる。楽しいことを夢中になってやっている時は痛みを感じないことなどです。反対に、痛いところに気持ちを集中すると、もっと痛くなります。

まこと整体院のゴールデンウィーク営業についてのご案内 、〇はオープン、✖はクローズ

まこと整体院タイムズ2019.4月号号外

まこと整体院のゴールデンウィーク営業についてのご案内、〇はオープン、✖はクローズです。

4月27日(土) 〇

4月28日(日) 〇

4月29日(月) ✖  昭和の日で祝日定休日

4月30日(火) 〇

5月1日(水) ✖  水曜日定休日

5月2日(木) 〇

5月3日(金) ✖  憲法記念日で祝日定休日

5月4日(土) ✖  みどりの日で祝日定休日

5月5日(日) 〇  こどもの日(日曜日なので営業します)

5月6日(月) ✖  こどもの日の振り替え休日で定休日

もう二度と腰痛にならない身体を作る腰痛整体院

まこと整体院タイムズ2019.4月号(第7号)

◆腰痛患者は“医原病”【医者や医療行為が原因の病気】

ご存知のように腰痛はいきなりなるものではなく、長時間かけて腰の筋肉が緊張し続け、だんだん固くなっていきます。すると、筋肉が疲弊してアラームを出してきます。つまり筋肉から痛み物質がだんだんと出てくるのです。その痛み物質が一定の限度を超えた時、ちょっとした動きで腰にギクッと痛みが出るのです。そうです腰痛は筋肉の過緊張が原因です。こんな時にレントゲンを撮ると“たまたま”腰部のヘルニアが見つかることが多くあります。腰の痛みとヘルニアは因果関係がないことは医者であればみんな知っていることなのですが、患者が勝手に「私の腰が痛いのは、このヘルニアのせいなんだわ」と思ってしまうのです。さらに、医者は「ヘルニアがひどくなると手術することになりますよ」と言います。知ってか知らずか、この言葉で、医原病と言われる腰痛患者が出来上がります。

◆「慢性腰痛」の記憶

患者は、しばらく治療するが一向に良くならないので、困るわけです。そして、3か月以上たつと“慢性的”な腰痛になっていきます。慢性的腰痛の“状態”は、「自分の腰にはヘルニアがあり、腰椎が壊れている。だからいつも腰が痛いのである。どこに行っても治らない。どうしよう。またギックリになったら怖いなあ」という風に、自分の“身体の弱み”として脳に記憶されます。次第に、痛みがあるのが“普通”のこととして、体が覚えてしまいます。そして、しばらくして腰痛が治ったかなと思っても、ちょっとしたストレスなどがきっかけで、体の反応として、自分の“普通”の状態に戻ろうとし、腰の痛みの記憶がよみがえるのです。つまり、特に原因がないにもかかわらず痛みが再発する場合があります。

◆まこと整体院で「根本改善」へ

 まこと整体院で腰痛がどんどん改善している方でも、途中で、このような現象が起きることがあります。少し良くなったなと感じた頃、突然、腰痛や膝痛(自分の弱いところの痛み)の記憶が脳内で再発するのです。これを「好転反応」と言ったり「瞑眩(めんげん)反応」などと言ったりします。この現象に負けないで、正しく理解してさらに根本改善に向かっていってください!

二度と腰痛にならない身体を一緒に作りましょう

まこと整体院の新聞3月号(第6号)ができました。

まこと整体院タイムズ2019.3月号(第6号)

『新常識・・・腰が痛いときや首がいたいだけでは整形外科へ行ってはいけない!』

どういうときに整形へ行くべきなのでしょうか?それは、

・転落や交通事故で腰や首を痛めた時

・絶え間ない痛みが、24時間続き、だんだん強くなっている時

・同時に胸も痛くなってきた時

・もともと糖尿病がある時

・特別な薬を使っている時

・尿が出ない、便失禁がある、肛門のあたりの感覚がない時

などの状態が一つでもあれば、重大な病気の恐れがあるので、必ず整形外科へ行ってください。

これ以外の時は、『まこと整体院』にいらしてください。

動けないぎっくり腰でも、歩いて帰れる効果的な整体

まこと整体院の新聞2月号(第5号)ができました。

まこと整体院タイムズ2019.2月号(第5号)

 

腰痛の根本改善は、新リンパ整体で動ける身体にして、ストレッチ運動を続けることです。

 

新メニューを二つ追加しました。

(1)お身体お疲れ回復メニュー

  全身の新リンパ整体50分+ホグレル30分・・・5000

(2)脳の疲れを取る「ドライ・ヘッドスパ」

  腰と肩の施術20分+首と頭部の施術30分+ホグレル30分・・・5000

年内は★12月27日まで、年明けは★1月5日からです。

12月28日~1月4日まで、年末年始のお休みをいただきます。