まこと整体院ブログ

日本が誇る腰痛の”異端児”、菊地臣一先生の講演を聞いてきました

長引く腰痛は「脳の錯覚」だった!

腰痛の80%は心理的因子、社会的因子が大きく影響している。

腰の痛みも「ストレス」によって引き起こされる。

本当に信頼できる整形外科の先生を見つけなさい。きっと、本当のことを教えてくれます。

ヘルニアや狭窄症、すべり症が腰痛と関連があることはほとんどない。

菊地先生が書かれた以下の5冊の本は全部読みました。まこと整体院の「健康図書館」にあります。

無料でお貸ししますので読んでみてください。読むだけで、腰痛が和らぐことがありますよ。

   

 

体温を上げるとウィルスが死ぬ、ラテンダンスの名越ペアは・・(第4号)

まこと整体院の新聞第4号ができました!

まこと整体院タイムズ2019.1月号(第4号

体温を上げると、インフルエンザやガンになりにくい体を作れる!

運動をすると、体温が上がります。

[私が考える整体師とは] ・・・藤沢のジョージのブログから

【私が考える整体師とは、 2018/11/15掲載の藤沢のジョージのブログから】 

『整体師とはどんな仕事なんでしょう?整体師を養成する某専門学校の定義によると

患者の身体のゆがみを整える仕事。 資格なしで独立開業は可能 骨や関節、骨盤などのゆがみを整えたり、筋肉のコリをほぐしたりすることで、身体の不調を整えるのが整体師の仕事。その技術には、流派や理論が数多くあるため、整体師はそれらを組み合わせながら施術している。

だそうですが、私が目指す整体師は生涯に渡り絶対的信頼をおいて心と身体を任せられる人だと考えています。

海の向こうのある国では、弁護士や税理士など『士』がつく職業の方との出会いが、人生を豊かにすると言われていて、きっと日本でも同じように考える方も多いのではないでしょうか。

そして私の仕事は『士』ではなく『師』この師という仕事で人生を豊かにしていきたい。いきたいではなく、出会った方の人生を豊かに出来るそんな仕事だと考えています。

ですので、私はこの仕事に誇りを持っています。そんな誇りを持つような仕事をする『師』が世の中に溢れて欲しい。そしてその『師』に出会った方々の人生が豊かになって欲しい。心の底からそう考えています。

だからこそ・・・こう考えます

私は整体師という仕事に誇りを持っています。

だからこそ、技術を磨き、痛みやシビレが改善する技術だけでなく、心の奥底まで解れていく時間と空間を提供したいと考えています。その空間では、院の売上げや予約の回転率などは関係なく、患者さんの症状が主ではなく、患者さんの人が主となるような・・・

例えるならば『腰が痛い山田さん』ではなく『山田さんが痛くて苦しんでいるのは腰』こんなイメージなんですよね。

整体院に来院される方の多くは、腰が痛くて駆け込む以外に、仕事の悩みや家族の問題、お子様の進路や親の介護。痛みやシビレの裏側には色々なものを抱えて来院されます。

その抱えた荷物を降ろし、その先に鍛錬された施術技術があるからこそ、患者さんは心の底から笑えて『明日も頑張ろう』となるのだと思います。

夢を見ながら仕事をして欲しい

この仕事のもつ意味は大きいです。だって出会った方の人生を変えるかもしれないのですから。

『身体が楽になったのは、先生のおかげ』よく私達がかけて頂ける言葉の一つで、こんな言葉が欲しくてこの業界に入りました。そんな方も多いのですが、私は『先生と出会えて良かった』そんな言葉を頂く事も多く、これこそが『整体師』という仕事であると考えています。

来院された方々の症状改善のみならず、人生の希望を一緒に考えるそんな仕事に誇りを持ち夢を見ながら仕事をしましょう。

そしてこのサイトを見て共感し夢を見ながら仕事をする。そんな仲間が増えればこの上ない喜びです。』

高濃度水素水、100円ボトル、20回目と200回目のクーポン(第3号)

まこと整体院の新聞第3号ができました!

これからも、院長(眞杉幸市)の思いを書いていきますのでご覧ください。

今後、ほぼ毎月発刊していきます。お楽しみに!

まこと整体院タイムズ2018.12月号(第3号)

寒くなってきました、乾燥してきます。

インフルエンザやノロウィルスへの感染にお気を付けくださいませ。

慢性腰痛、肩痛の早期改善、ストレッチジム、筋トレができるところです

まこと整体院というところは、普通の整体院でもないし、スポーツジムのようでそうではないし、いったいどんなことをするところなの? どんな特徴が有るの? こんな質問をよく受けます。以下の二つのご案内を見てください。アーそうだったのか! と思うか。まだよくわからないなー! と思うか。 いずれにしても、腰や肩を含めて、お身体の調子が悪い方は、一度お試しで使ってみてくださいませ。

新リンパ整体+ホグレルストレッチ(YOUTUBE)

★まこと整体院<ホグレルジム藤沢>はどんな特徴が有るの?(PDF)

300冊の書籍、ヘルニアは治る、慢性腰痛は痛みの記憶です(第2号)

まこと整体院の新聞第2号ができました!

院長(眞杉幸市)の思いを書いていきますのでご覧ください。

今後、ほぼ毎月発刊していきます。お楽しみに!

まこと整体院タイムズ2018.11月号(第2号)

2018.11.1からのご利用料金一部改定のお願い

2018年9月8日

お客様へ

ご利用料金改定のお願い

 

まこと整体院<ホグレルジム藤沢>

院長 眞杉幸市

 

 いつも、まこと整体院をご利用いただきまして大変ありがとうございます。

この藤沢の地に、まこと整体院をオープンして早三年半がたちます。ひとえに、皆様方のご支援とご鞭撻のおかげと感謝しております。ありがとうございます。

 さて、2018年11月1日から、下記のように当院の利用料金の一部を改定させていただきたいと存じます。

お客様のご負担が増えることはまったく心苦しいのですが、「健康のオアシス」として、より一層皆様のお身体のコンディション作りの継続に努めてまいりたいと考えております。

なにとぞ、ご理解とご高配を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

                記

 

<旧料金>    

1.ホグレル会員料金            月額 3,000円(税込み)

2.温熱療法料金          一回・30分  1,000円(税込み)

(施術と同時ご利用の場合は半額の500円です)

   

<新料金>2018.11.1からの料金

1.ホグレル会員料金            月額 4,000円(税込み)

2.温熱療法料金          一回・30分  2,000円(税込み)

(施術と同時ご利用の場合は半額の1,000円です)

                                  以上

患者さんは、施術者を「選ぶ目」を持つことが大切です!

患者さんは、施術者を「選ぶ目」を持つことが大切です!

日本疼痛リハビリテーション協会という団体の代表であり、ご自分でも治療院を開業されている理学療法士の藤井翔悟先生がご自分のブログで下のように述べておられます。

藤井先生は、ぶっちゃけ話としてこのようにブログでお話をされていますが、これが真実なんですね。養成学校を出て理学療法士の資格を取っても患者さんの骨盤調整はおろか肩痛や腰痛の解消のための施術方法は習得していないのですね。

つまり、治療院や整体院は資格があるから良い、資格がないから悪いという世界ではないということなのです。個人個人の施術者のセンスと努力によって治療家としての能力が決まってくるということなんですね。いまだに、腰痛の原因がヘルニアとか狭窄症だと言っているような先生は、腰痛患者を治療するどころか、さらに悪化させているんだということに、早く気が付いてほしいですね。

 

<以下、日本疼痛リハビリテーション協会代表 理学療法士の藤井翔悟先生のブログから抜粋>

『骨盤調整の話をさせてもらいます。

なぜかというと骨盤って、僕も理学療法士ながら骨盤ってすげーなとずっと思ってました。

 ゆがみくびれダイエットって いろんなところで名前は聞くし、どんな効果があるんだって興味あったんですね。

 

でも理学療法士って専門的なライセンス持ってるのに骨盤調整のしかた知らないんですよ…ぶっちゃけ。

 

びっくりしました?これ聞いてる患者さんとか。

 

理学療法士って、養成校で骨盤の調整とか習わないです。

 

むしろそういうのが専門なのはカイロの先生とかオステオパシーの先生とかなんですね。

 

就職する前までは僕ら理学療法士はペーパーに強いんやけど、

 実際のこの手の感覚とか手技、テクニックは実は習わず

 臨床でいきなり患者さんを担当するわけなんです。

患者さんからすると「いい迷惑」でしょうね。

 

これについてはまったく、そのとおりです。

僕自身そんな状況で今までやってきました。

つまり臨床にでてから必死に自分に投資して骨盤調整を習得してきました。

そのなかで骨盤の調整がうまくなってきた、とか

 どうゆうふうに臨床で使えばいいのか

 だんだんわかってきたんです。』

西洋医学を否定しているわけではないのですが・・・ヘルニア・狭窄症・すべり症の人の腰痛や坐骨神経痛は改善します

西洋医学を否定しているわけではないのですが、今の医学の常識では腰痛を治すことはできません。。
腰痛に関する通説や整形外科や治療院での治療には根拠がないということをおわかりいただきたいのです。
ヘルニアや狭窄症では腰痛にはならないことは整形外科学会でもはっきりと認めているのです。
それなのに、病院や治療院の治療はそれをベースにしていないものなのです。
85%の腰痛は原因が分からないので整形では治せないということなのです。
いわゆる今まで常識とされていたこと。
つまり、ヘルニアや狭窄症、すべり症が腰痛の原因であることは、患者側が通説としてぬぐいされにくいのです。
多くの整形外科のお医者さんは、そのことに気づいておられるのですが、
患者側の通説としての理解を退けることができないのです。
もし、整形外科の先生が「あなたにはヘルニアがありますが、それは腰痛の原因ではないので、うちの病院では治せません」・・・と
勇気をもって患者さんに伝えたとすると、患者さんがこの病院は、腰痛も治せないのかと考えてしまいます。
だから、患者を引き留めるために、温めたり冷やしたり、けん引したり、痛み止めの薬やシップをしたりしますが、どれも、腰痛の治療にはなっていないのです。


腰痛が出る仕組みは幾通りもあります。

原因も幾通りもあります。

施術も幾通りもありますが、身体だけの施術では、半分です。足を切断した人が感じる幻肢痛と同じように「痛みの記憶」の治療をしないと完全ではありません。

まこと整体院では、その「痛みの記憶」の改善ができます。だから、どこへ行っても治せなかった腰痛や坐骨神経痛を改善させることができます。