お医者様が、知らずにヘルニアや狭窄症の腰痛患者を作っているかもしれません

まだ「緊張性筋炎症候群(TMS)」のことを知らない、気づいてさえいない治療家が多いです。患者さんが、腰が痛くて整形外科へ行くと、ほとんどの医院ではレントゲンかCTを撮って、たまたま、ヘルニアや狭窄症の状態が映っていたら、因果関係を確かめずに、必ず、腰痛の原因は「これ」ですと指摘されます。そして、程度がひどく無ければ、「お薬で様子を見ましょう、ひどくなったら手術することになるかもしれません。できるだけ安静にしているように。」と言われます。このことにより、患者は「私は腰が悪い!」と、完全な腰痛持ちになってしまいます。そして、精神的ストレスが重なったり、不自然な姿勢を続けて腰が張ってくると、ウィークポイントの「腰」に痛みが出てくるのです。というか、TMSの原理によって自分の脳がかってに、悪い(と思っている)腰に痛みを発生させるのです。そして、まんまとTMSの腰痛患者になってしまうのです。まさに、医者が病人を作る(医原病)とはこのことです。