「ストレス性腰痛」なんて聞いたことがない、でも・・・

「ストレス性腰痛」という言葉は聞いたことがない。しかしながら、「ストレス性胃炎」とか「ストレス性大腸炎」ということは昔から認知されています。胃や腸がストレスに反応して痛みを出すんですね。それと同様に、ストレスが関係している「緊張性筋炎症候群(TMS)」という疾患が、腰の痛みの原因になっていることが、ようやく最近日本の腰痛学会などで認められるようになってきました。ストレス性胃炎や大腸炎と同じものが腰にも起きるということです。何となく、心当たりがある方もおられるのではないでしょうか?

米国では、30年も前からこの「緊張性筋炎症候群(TMS)」という疾患が研究されて、今では当たり前のこととして認知されており、そのための治療も普及しております。残念ながら、日本ではまだまだ「ストレス性腰痛」への施術ができるところは少ないです。

当院での「まこと式整体メソッド」はこの「ストレス性腰痛」にも、真正面から対応しております。